家族葬と一般葬の式場は違うのか?

家族葬と一般葬の式場は違うのか? 家族葬といっても、一般葬とどのように違うのか分からない人というが多いのではないでしょうか。参列する人の人数はどれくらい違うのか、お花やその他お料理などはどのくらい用意したら良いのか、それらすべてのことをどのようにするのかによって当然費用も変わってきます。そういった基本的なことを理解することによって、家族葬と一般葬では式場が違うのか、もし違うのであればどういう所へお願いしたら良いのかといったことが分かってきます。

家族葬の参列者は基本的には、親族や友人のみとなります。家族と名前が付いているのですが、一般的には親しい方と少人数で行う式です。会社関係やご近所の方などは参列しないため、人数は10人から20人程度が最も多いというデータがあります。近年ではこのようなスタイルが年々増えていて一般葬と同様に葬儀のスタイルとして確立しつつあります。

そうなると、親族はどこまで呼べばよいのか、という疑問が出てきます。これに関しては特に決まりはないため、はっきりした線引きがあるわけではありません。故人と生前にどれだけ親しかったかが基準となり、これからの親族としての付き合いを考慮した上で決めなくてはなりません。亡くなられてからできるだけ早く連絡したいという方もいるので、事前に考えておく必要もあります。参列される方の人数がわかることによって、式場やプランを選択しやすくなるという側面もあります。

もし参列してもらうか迷った場合には、その方はお呼びした方がよいでしょう。葬儀が終わってからなぜ呼んでもらえなかったのかというトラブルの原因になってしまうことがあるからです。そして呼ばないと決めた方へは、訃報とともに、故人と家族の意思で家族だけで葬儀を行うという旨と会葬辞退を伝えます。最近ではこのような訃報が多いので、特に失礼だとは思われなくなっています。

まれに、人づてに亡くなったことを知って、家族葬だと知らずに弔問に訪れる方がいる場合もあります。その場合は、故人とお別れしたいという気持ちの表れなので、家族は弔問に感謝して一緒に故人を偲ぶとよいでしょう。

葬儀後には、近しい人に亡くなったことを知らせ、参列していただかなった事情を述べた挨拶状を出すことによって、多くの方に理解してもらうことができます。訃報によって後から弔問に来られる方もいることを想定して、会葬返礼品を用意しておくと安心です。このように家族葬をすると決めた場合、どこまでの人に参列してもらうのかはとても重要なことです。それによって家族葬の内容も式場の選び方も変わってきてしまうからです。

最新ニュース