家族葬の費用は式場の相見積もりで確認

家族葬の式場を選ぶ時には相見積もりをもらって費用を確認することをおすすめします。場所によっては、パンフレットだけで説明したり、総額が明記されていない見積もりや、反対に総額のみで内訳が明記されていない見積もりを提示するケースもあります。必ず内訳、総額の両方が明記されている見積もりをもらい、2か所以上の式場を検討するとよいでしょう。

見積もりの内訳に何が含まれているのかは十分に確認する必要があります。例えば、お心づけというものがありますが、これが費用に含まれているのかどうかは分かりにくい点です。お心づけとは霊柩車の運転手や火葬場の担当者などに感謝の気持ちとして渡すものですが、このように葬儀には独特の費用もあるので、きちんと把握しておかないと、思いがけず出費が増えることになってしまうので注意が必要です。

また、家族葬だと連絡したにもかかわらず、参列者が増えてしまうこともあります。その場合、突然のお料理や会葬返礼品の追加をしなければならないこともあります。故人とお別れをしたいと参列してくれた方にはおもてなしをしたいものです。その時の追加の費用に関しても式場によって違いがあるので、事前に確認します。また、追加そのものができるのかどうかも確認しておきましょう。