家族葬のお料理を選べる式場

一般的な葬儀において、用意されているお料理や会葬返礼品は、故人の方に代わって家族の方が参列者をおもてなしするために用意するものですが、家族葬の場合はあえて準備しないことがあります。式場を選ぶ時には、お料理や会葬返礼品を注文しなくても大丈夫なのか、という部分に関しても事前に確認する必要があります。

ゆっくりとお別れができる家族葬では、故人の好きだったお料理を故人とともにいただいて、最後の晩餐にしたいというケースもあります。中には故人のために心をこめて作った手料理を持ち込みたいという場合もあるかもしれません。しかし残念ながら、式場によってはこのような持ち込みができないところもあるので、事前に相談をして細かい打ち合わせをすることは大切な作業です。

また、家族葬であっても準備は何かと忙しく、手料理を作ってあげたくも体力的なことや物理的なことで出来ないという方も多いでしょう。その場合式場に出前をとって、参列してくださった方にお食事をふるまいたいという方もいます。ただし、この場合も式場によってはそういったことに対応していないところもあるので確認が必要です。

会葬返礼品は最近では後日送るのではなく、葬儀当日に渡すことが多くなりました。お茶や調味料、海苔などの商品が一般的ですが、こだわりの品をお渡ししたい場合もあります。この時も商品を持ち込むことができるのかといったことは、事前に調べておきましょう。