家族葬の式場のもっとも一般的な選び方

一般的に家族葬を行う時の式場選びで基準となるのは、火葬場に近いかどうかということが挙げられます。火葬場が式場の中に併設されていたり、式場から近いと参列者に負担が少ないというメリットがあります。参列者の中にご高齢の方がいたりする場合は、移動の負担がなく、また移動するための車などの手配の必要がないので火葬場への距離で選ぶ人は少なくありません。

自宅からの距離で選ぶ方も多いです。葬儀は故人への思いも募り心身共にかなり消耗します。自宅から遠いと、その移動の距離だけで疲れてしまいます。故人とともにご家族の住んでいた地域で、慣れ親しんだ場所でお別れをしたいというのは式場を選ぶポイントになります。

駅などからのアクセスが良いことも式場選びのポイントです。家族葬で参列者が少ないといっても、全員が故人と一緒に住んでいるわけではありませんし、遠くに住んでいる家族や親しい友人もいるはずです。その場合、駅などからのアクセスはとても重要で、例えば新幹線を利用して参加される方がいる場合などは、あえて東京駅などの近くで行うケースもあります。

このように家族葬はいろいろなスタイルがあります。万が一のことが起こる前に、こんな葬儀で送ってほしいと話すことができたら、故人と最後の時間をゆっくりと過ごすことができ、見送る方は後悔することがないので、日ごろから話し合っておくことが大切です。